男性のからだの劣弱意識

『ぷー』とキャンプ > 医学 > 男性のからだの劣弱意識

男性のからだの劣弱意識

思春期がくると、二次性徴と呼ばれて大人のココロ・カラダへ近づく変化が働きます。
それから、成長の見え方は個人個人ですが、自分に意識が向き、他の者からどういう感じで見られているか、別の人と比較して「遅れているのでは」と苦しむこともよく見受けられます。


例えて言うなら男の子供さんでは、
・マッチョなボディではなく、ヒョロリとした
・伸長が低い
・ニキビがたくさんある
・男性器が小さい、デカい
・男性器のカラーや形状、かんばしさ
といった悩みがあげられます。


変化を起こり始める場所や年頃は個人個人異なるもので、大人になっても伸長が高い人、高くない人がいるように、体とココロの出来上がりも人それぞれです。変えることが難儀な体質や、あえいでもいかんともしがたい人との異なる点は「ウィークポイント」ではなく、「オリジナリティー」や「持ち味」として受け止められるといいと思いますね。


東京スカイクリニック 料金


包茎とは、男性性器の先端(亀頭)が皮ふ(包皮)につつまれており、包皮をひっぱっても亀頭が出て来ない状態をさします。包茎は罪でもはずかしいことでもないのです。


亀頭はダメージを受けやすいため包皮により保護されているのです。思春期となると、亀頭はでかくなり、包皮の入り口が拡大して、少しずつむけるようになる男性もおります。性器が「むける」状態になるということは、亀頭部分が冠状溝まで100パーセント、それから楽に露出できて、それから包皮の間に元の通り亀頭部を保存出来るようになることを表しています。成人にさしかかったら剥けるもんだと考えている男性もいますが、ぶっちゃけて言うと日本人は6~7割ほど、ふだんは包皮が被っている状態で、勃起するとか手で引っ張ったら剥ける状態だとするデータ結果も見られるのです。剥けていない方が一般的だと言っていいでしょう。


包茎には、幾つかタイプがあるのです。包皮を手でひっぱっても亀頭が露呈しなくて、むけない状態を「真性包茎」と呼んでいます。産まれたのみのベイビーはほぼ完全に真性包茎で、年齢が上がるにつれて減少します。真性包茎だとしたら亀頭と包皮の間の部位は垢(白いカス)が溜まりやすく、ほったらかしにしていると気分が悪くなる匂いや、炎症や痛さ・かゆみがもたらされる原因となりかねません。成人しても真性包茎で、あなたがご自身で包皮を剥がすことができないといった場合、泌尿器科のアドバイスを求めることができます。だからといって手術の必要はありませんが、保険適用内で手術ができるような仕組みになっています。(包皮を切らずに治療する時もあります。)いつもは亀頭が包皮で包まれていたとしても、包皮を手を使って引っ張れば亀頭が露出し、剥ける状態になることを「仮性包茎」と呼んでいます。これと言うのは全然手術の必要性はなく、何の問題もありません。しかし、男性性器の洗い方にテクニックがいります。


ひょっとしたら、情報誌やウェブ上で、「包茎はみっともない」「モテない」「手術した方が正解」というPR宣伝をご覧になったことがあるかもしれないけれど、それと言うのは包茎手術でもうけようとする社会人がやっていることです。


2016年度6月には国民生活センターが包茎手術に関して、不安感をあおられ巨額な治療を一方的に勧められたり、手術後に苦痛が続いたりしたりとかの相談が止まらないと警告を呼びかけたのです。

亀頭と包皮の間の部位は垢(白いカス)が溜まりやすく、ほったらかしにしていると気になる匂いや、炎症や苦痛・かゆみのきっかけとなります。キレイにしておくことが重要です。皮が剥けている男性も、しっかりと洗浄しないと垢が溜まります。
洗い方は、包皮をバッチリずらすようにむき、シャワー等流水で垢をキレイにするようにガシャガシャと入念に洗いましょう。皮ふが弱い男性や、100パーセント剥けていない男性は、刺激性のあるせっけんやシャンプーは控え、お湯だけでキレイにしもよいでしょう。毎朝顔の汚れを落とすように、お風呂場で男性性器の包皮を剥いてゴシゴシして戻すことを習慣づけるといいでしょう。

どうしても常々包皮が剥けていて亀頭が出っぱなしの状態がいいと思う男性は、自分で包皮を男性性器の根元側に引っ張る(ずらす)ようにして、言ってみれば「むきグセ」をつけることが可能かもしれません。包皮を徐々に押し下げるようにしていくのです。やり始めの頃は皮をむいた亀頭の箇所を触れると痛みがありますけど、連日剥いていたら、慣れっこになって痛さがなくなってくるでしょう。無茶すると皮ふがさけて出血する(肌着を汚すくらい出血があるケースは医療機関で診察をしてもらいましょう)ケースもあるため、追い詰められる必要はないのです。
何回も言いますが、包茎だからといって悪いことやカッコ悪いということはありません。
包皮を手で引っ張ってもむけない「真性包茎」のケースは、泌尿器科にアドバイスを求めることも可能です。包皮をひっぱって亀頭を露出した後、包皮をむいたままにすると亀頭を締め上げてパンパンになってしまう「嵌頓(かんとん)包茎」になるケースもあるため、洗浄した後はむいた包皮をもとに戻したほうが良いでしょう。あまり考えられませんが自分で戻せない場合はすぐさま泌尿器科で診てもらってください。




関連記事

  1. 男性のからだの劣弱意識
  2. ピンクゼリー